枝豆(千葉県野田)|食彩の王国|食べるならここ!荒木大輔さん他、口コミまとめ

その他注目&話題
Google口コミ4.2
食べログ評価3.34

煉瓦の塔の玄関、淡いターメリックカラーの壁、ブラウン瓦の屋根、さらにバラに縁取られた庭、住宅街の角に一際目立つイタリアンレストラン。


室内は、イエロー系の塗り壁にウッドを合わせ、無垢の木の椅子・テーブルもお洒落。照明をやや落とし、そこここにバラや季節の花が飾られている。


2部屋の間に天井をテントで覆った中庭席が造られ、ガーデン席と合わせてイベントやパーティに使われるようだ。


ランチにパスタとビーフシチューを戴いたが、どちらも個性的で、しっかりと作り込まれている。あいにくの小雨の中、バラが美しい庭に出てみた。


もう少し彩りが楽しめそう。雰囲気良く、確かな料理と思えて、今度は、記念日にゆっくり寄らせてもらおう…‥そんな気分になるレストランでした。

引用元:Google口コミ

野田の素敵なお店で、美味しいイタリアンランチ!常連さんに愛されているお店、伊太利亭さん。野田ってイタリアンのお店が少ない・・・知っているのはコメスタか16号のお店くらい。


コメスタは、夫が苦手そうな雰囲気なので行けないし・・。イタリアンのお店は娘と2人では入りずらいのよね・・


たまたま友人に、ここのお店良かったよ、と教えてもらい、お店の前を通りかかった時雰囲気もよさそうなので、HP、食べログを入念に調べ 笑ランチはリーズナブルであることがわかり、夫を連れ出し3人で来店しました。


時間は平日14時過ぎ。娘の希望でテラス席に座ることに。この時期テラス席は人気のようですね。手入れされた花やお庭、とても素敵でした。パスタランチを注文しました。


私はナポリタン、夫はホタルイカとキャベツのペペロンチーノ。前菜はどれも美味しい!!キッシュ、美味しい~~♪かぼちゃのスープもさらっとしていて、コクがあってとてもおいしかったです。


娘にもスープのサービス。有難い~♪ 夫のまで飲み干していました 笑パスタがまた美味しかった!!具だくさんで、甘辛なソースが麺にしっかり絡んで・・・


はぁ~思い出しても美味しい!笑カフェ巡りばかりで、ちゃんとしたレストランは本当に久々。なおさら美味しく感じました。


夫のペペロンチーノも美味しかった!前菜、スープ、パスタで1200円くらいだったかな?コスパ、いいですね!!雰囲気も知れたし、また娘と利用できそう。


夫はかしこまったレストランが嫌いで、文句ばっかり言うので嫌なのですが、こちらは美味しかったみたい。ブログを拝見したとき、常連客に愛されているお店なんだなぁ~と感じました。


実際この日も、オーナーが一席一席挨拶しながら回っていました。私達は新規のお客さんだったので、ちょっと肩身狭かったかな^^;


「ちょっと入りずらい・・・」と友人が話していたのがわかりました。美味しかったし、今度は記念日に利用してみたいな♪

引用元:Google口コミ

GIARDINO ITALITEI ジャルディーノ伊太利亭 へのアクセス

『食彩の王国』で紹介される野田市のイタリアン・ジャルディーノ伊太利亭へは、東武野田線・梅郷駅より約1.5キロ(徒歩18分)です。

食彩の王国|枝豆を提供する店・GURUATSU ぐるあつ(上野)

『食彩の王国』にて〈お豆腐マフィン&豆乳スコーンのカフェ〉として紹介されるGURUATSU ぐるあつさんは、東京・上野にります。

手作りマフィンの品数が豊富で、中でも「ずんだマフィン」が季節限定で大人気のようです。上野美術館や公園散策のついでに、立ち寄ってみたくなりますね。

出典:食べログ

オシャレで、思わず覗いてみたくなるお店の外観ですね。

出典:スマベジ

オーガニックやビーガンなどのコンセプトも取り入れていて、スローなひとときを過ごせそうです。

出典:かめもと街

GURUATSU ぐるあつ(上野) 基本情報まとめ

『食彩の王国』にて紹介されるGURUATSU ぐるあつさんの基本情報をこちらにまとめています。日曜日お休みです、ご注意ください。

名称GURUATSU ぐるあつ(上野)
住所東京都台東区東上野4丁目21-6
電話番号03-5830-3700
公式サイトhttps://guruatsu.thebase.in/
営業時間11:00~16:00
休業日日曜日

GURUATSU ぐるあつ(上野) 口コミや評判は?

『食彩の王国』にて紹介されるGURUATSU ぐるあつさんの評価と口コミをご紹介します。

Google口コミ4.4
食べログ評価3.51

こちらのコメントを読むと、本当に美味しそうです。すぐに食べたくなってしまいました。

「低カロリーで満腹感◎そして絶品」ぐるあつ お豆腐マフィン ずんだ


ずっと前から憧れのマフィン専門店、GURUATSU(ぐるあつ)のマフィン!!しかも期間限定しかもすんなり購入できて幸せすぎる。


ぐるあつのマフィンは・ノンオイル・ノンミルク・低カロリー高タンパク。お店の人もすんごくいい人で素敵な人(中略)。


トッピングに枝豆が練り込まれているだけでなく生地にも枝豆がたっぷりのマフィン生地がまず絶品


しっとりほろっとした口溶けも良くてでも野菜っぽさを感じるずんだの味にコリコリと枝豆の食感と塩気が広がるそして中にはたっぷりのずんだあん



これがまた最高に美味しくて粒粒っとした食感としっとりほっくり広がる、豆のふくよかな風味…最高おいしかったです💓💓これぜひお店に行ってまた食べたいってくらいおいしかったです。

引用元:mognavi

GURUATSU ぐるあつ(上野) へのアクセス

『食彩の王国』で紹介されるお豆腐マフィン&豆乳スコーンのカフェ・GURUATSU ぐるあつさんへのアクセスマップです。

JR上野駅から450メートル(徒歩6分)です。

食彩の王国|旬の枝豆を提供する料理店・かんざ(KANZA DINING)

最後は、『食彩の王国』にて〈季節の食材を味わえる こだわり懐石料理の店〉と紹介されるかんざ (KANZA DAINING)さんです。

千葉県野田市が故郷の料理長・石原善之さんは、東京の名店での修業後、2004年地元野田で開業。地元愛と地元食材に対する思いは人一倍強くお持ちなのでしょうね。

出典:MIYA THE KITCHEN

石原料理長の経歴の一部を引用しますと…

なだ万帝国ホテル店で料理の基本と技術を学ぶ。

プリンスホテルに移り多くのプリンスホテルオープン準備に係わり、平成の天皇陛下の御即位を披露する儀式「即位の礼」の晩餐会には、料理人として宮内庁で腕を振るう

引用元:MIYA THE KITCHEN

うーん、これは唸ってしまいます。ぜひいただいてみたくなりますね…。

またホームページの“かんざのこだわり”には以下のような文言があります。

野菜は実家の農家で作られる地場ものを利用するなど季節の素材を洗練された料理長によって彩られすべては素材回帰からという料理長の想いから紡ぎ出された料理を一品一品時間をかけて手作りしています

引用元:かんざ

『食彩の王国』では初夏の人気メニュー「枝豆のフルコース」も紹介されるようですね。

(注)枝豆御膳は、6月中旬からの提供予定

出典:nodainfo.com
枝豆御膳イメージ図

懐石料理かんざ (KANZA DAINING) 基本情報まとめ

『食彩の王国』で紹介された野田市の懐石料理かんざさんの基本情報をこちらにまとめます。

名称懐石料理かんざ( KANZA DAINING)
住所千葉県 野田市 目吹 658
電話番号04-7121-0131
公式サイトhttp://www.kanza.jp/
営業時間12:00~14:00
17:00~21:00
休業日水曜日

懐石料理かんざ (KANZA DAINING) 口コミや評判は?

『食彩の王国』で紹介された野田市の懐石料理かんざさんへの口コミと評価は、次の通りです。

Google口コミ4.2
食べログ評価3.54

こちらの口コミは長文ですが、思わず引き込まれてしまう魅力的な内容です。行ってみたくなりますね・・・・

今回注文した「枝豆御膳」の内容について、いかようでもこちら(お客様)の希望に沿います(カスタマイズします)との懐の広いお返事をいただき、実際、NG食材を完璧な構成で差し換えていただいて、恐縮次第・・・。


この日提供していただいた料理も好物の枝豆が主役のコース料理で、実際、満足していたようなので、オーナーさんの腕前は確かではないかと・・・。


個人的には、コースの内容がHPで公開されていて、こちらの要望に応じて、懐石コースを仕立ててくれるということで、


NG食材の多い自分たちにとっては、利用しやすい日本料理店が見つかって、ラッキーというか、やはり、料理人と客との距離感が近い個人料理店は貴重だなぁと感じてしまった


偉そうな言い方になってしまうが、実力や人気に溺れた、上目線の料理人ではない、お客ファーストな、サービスに重点を置いたお店は、本当に居心地が良い。


是非、定期的に訪問させていただきたいなと・・・。


トマトの友禅寄せ 旨出汁 わさびは、トマトとキュウリが涼しげで、湯葉も添えてあって、旨出汁も効いて、夏のコースのスターターにぴったりの料理ですね。


枝豆の冷たいスープ 順菜は、見た目が近いグリーンピースのそれはよくいただくのですが、豆が違うと、さすがに味わいも違いますね・・・順菜もアクセントになっていて、美味しくいただきました。


タイの洗い、ハモの湯引き、アイナメの刺身、梅肉醤油は、ワカメを下敷きに、カイワレ、穂紫蘇、ラディッシュなどを添えて色鮮やかに、


とりわけ、タイの洗いの上には、鯛の皮をのっけてあって、何℃洗いじゃないけど、タイの洗い自体、あまり食べる機会がありませんが、個人的には、刺身よりも鯛の旨味が引き立っていて美味しかったと思います


(たまに食感がストレスになる時があるので)。また、旬のハモやアイナメも、それぞれ調理法を変えた工夫もあって、酸味の効いた梅肉醤油も夏向きで、相性も抜群でした。


枝豆豆腐揚げ出し 鴨 ナメコ ネギ 鰹節は、そろそろ温かいものがいただきたいなというところで、ちょうどやってきました。


鰹節と出汁の香りがイイですね・・・もちもち食感の枝豆豆腐も美味しかったし、鴨肉もよかったし、ナメコも揚げ出しによく合いますね・・・とても印象に残る味わいでした。


焼八寸は、どれも手の込んだ料理の盛り合わせで、お皿を彩っていますね。


主役のスズキずんだ焼きは、枝豆を擂ってスズキにのっけて焼いたものですが、枝豆のこういう使い方(ずんだ焼き)は初体験・・・香ばしい枝豆が、また違う味わいを見せています。


枝豆コロッケ 添え野菜は、枝豆と黒豆を擂り潰したものを厚手のコロモで揚げてあります・・・個人的には今回の一番の注目作・・・つなぎに黒豆なんて・・・


こういうタイプのコロッケは食したことがありません・・・


純豆製ですが、十分に美味しく仕上がっています。うなぎ湯葉巻きは、湯葉のうなきゅう・・・蒲焼風のタレも美味しくいただきました。


添えてある塩味の揚げ湯葉の食感も楽しかったです(普段のおやつにしたいくらい)。稲庭うどんつけ麺 枝豆揚げ玉 呉汁 薬味は、細麺が、枝豆も甘味を感じる呉汁によく絡んで美味しくいただきました。


枝豆モンブランは、枝豆ペーストの内側は、塩味のするクリームと極薄スライスのラスクのアクセント・・・その味わいはしっかりスイーツしていて、違和感は全くありません。

見た目シンプルですが、非常に満足度が高い、〆に相応しい味わいのスイーツでした。

さて、自家菜園で採れた枝豆を使った枝豆づくしの今回の御膳、最初から最後まで気を抜いていない印象で、創意工夫に溢れた、ワンランク上の日本料理をしっかり堪能した感じ・・・


普段なかなか本格的な日本料理をいただく機会もないもので、ちょっとしたサプライズでした・・・いただいた料理のレベルの高さに感心するばかり・・・うん、いいお店です。

引用元:食べログ ※筆者一部割愛・編集
出典:食べログ
焼八寸
出典:食べログ
枝豆モンブラン
出典:食べログ
枝豆の冷たいスープ 順菜

懐石料理かんざ (KANZA DAINING) へのアクセス

高級懐石料理かんざさんへは、東武野田線(アーバンパークライン)清水公園駅より約4キロ(車で11分)、東武野田線野田市駅/愛宕より車5分のところにあります。

食彩の王国|旬の枝豆を味わうならこのお店!情報まとめ

今回は、『食彩の王国』で特集された食材・枝豆について、生産農家・荒木大輔さんはじめ、枝豆料理を提供するお店の情報をまとめました。

  • 枝豆生産農家・荒木大輔さんの農産物直売所〈ゆめあぐり野田〉
  • 枝豆メニューを開発する髙島敏光シェフのイタリアン料理店〈ジャルディーノ伊太利亭〉
  • 東京上野で手作りマフィン✖枝豆が人気のカフェ〈GURUATSU ぐるあつ〉
  • 野田市で旬の本格枝豆御膳をいただくなら、懐石料理〈かんざ〉 KANZA DAINING

今年に入ってから進む円安は今後も続くと言われていますよね。それが長引くほど、「海外からのもの」が割高になり、より一層国内生産者のものづくりが注目されるようになると思います。

このように身近なところで生産活動をし、顔出しで思いを届けてくださる生産者の方をもっともっと応援したり、心理的にも、行動としても繋がり、関係が深まっていく・・・

そんな見直しがより一層進んでいくのではないでしょうか。

※こちらには、前回ご紹介した埼玉県秩父のブランドきゅうりの記事をご紹介したします。ぜひ合わせてご覧いただけますと幸いです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました